読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歯の治療中のトラブル

実は、これには、これ私の苦い経験があります。初めてインプラントに仮歯を被せたとき、これも初めて噛み砕くということができなくなったのです。しかも、反対側の奥歯を歯周病で抜いたばかりだったので、そのインプラントの歯で噛むしかありません。その時点で相当弱っていた胃は さすがに悲鳴をあげて、夜中に痛み出し腕にジンマシが出たことがありました。ビックリした私は、夢中で病院に抗議 ところが、これがまた大変なことでした。噛めないという私の訴えにたいし、あまり取り合ってくれないのです。思い余って、かんでもかんでも細かく粉砕されないお米の粒を、お見せしたこともありました。でも、本当にこれが 歯の治療の難しさで、本人が一番感じて、一番使うものなのに、歯を治す側には、その不具合が伝わりにくく、どこが悪いかかもわかりにくい。それでかどうかわかりませんが 患者本人と、先生の間で、治った感に多少のギャップがあると思うのです。そもそも、噛み合わせってほうごうしっていうんですか、あの赤い紙をかんで、調整するしかないんですねぇ😱