読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心のパワー💓⤴🙌

 昨日、もう1人の自分というものについて書きましたが、本当は 潜在意識の中で みんなもっているものだと思うのです。  それが幼児期に順調に育っている人は、ストレスが少なく生きていける。逆に、過保護過ぎたり 厳しくされ過ぎると、たとえ、もう1人の自分がいたとしても、わるい方に作用する。 昨日のプレゼンでも、ある社会的地位のあるいけてる男性と、見合いしてふられた女性の話しがありました。彼女は、とても傷ついて 友人に電話します。 すると、友人は あなたみたいにお尻が大きくて、話のつまらない女が、そんな素敵な男性に、気に入られるわけないじゃん。っと言ったそう。😨  ひどい話しですよね。😭💔
 でも、これ この友人って彼女自信だったそう。思い当たりますよね。イヤなことがあって、かえって自分を 嫌な言葉で責めてしまうこと。  私の思春期なんて、ほとんどこれでした。 だから、常に 人に何か言われないように頑張っていた気がします。 
 もう1つ思い出したのは、宇野千代さんの谷崎潤一郎について書かれた一節、 私は大谷崎潤一郎の若い頃の文を読んで、その文章に未熟さを感じながらも、自分を信じきるその迫力に圧倒された。 というものでした。 コンプレックスの塊だった高校の頃の私は、この一節にとても励まされたものです。 
 でも、難しかった。😥  自分を信じきるということは。 本当に挫折するということは、このもう1人の自分がいなくなってしまって、どうしていいか分からなくなることなのでしょうね。 
 昨日のプレゼンのガイさんが、身体から血を流しているのに、放っておく人がいますか? なのに 何故心の傷は、手当てしてあげないのでしょうか?とも言っていました。
 何かの言葉に、自分を愛しなさいとか、自分を友人と思えないような人はだめ、とか書いてありましたが、寂しがりやの癖に、気難しいところのある私は、最近ちょくちょく これを思い出して、もう1人の自分を引き出して、生身の方の自分を大事にしてあげています。だって、本当に自分をよく知っているのは、自分自身ですから。 これって、ごまかしとかではなく、生きていくうえで、必要なことなのですね。  
 そして、欲を言えば、谷崎潤一郎的思考力❕ つまり、今は出来ないかもしれないけど、自分なりに心に目標をもって、歩いていく自分を信じる自分をもつこと。 プレゼンのガイさんの 双子のお兄さんが昨年リンパの重いガンにかかったとき、やはりガイさんと同じ心理学者のお兄さんは、いつも笑っていたそうです。そして、ガンが治って元気そうなお兄さんの写真が出ていました。 
 やってはいけないこと❕❕ 辛い経験や失敗を頭の中で反芻すること‼  心の働きって、本当に重要ですねー✨。