読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

治療中の苦しさ、アレコレ🌀😩

 今日は、お休みで1日ゆっくりしていました。昨日疲れきっていたのに、痛みに耐えきれず、歯医者さんにとびこんで、夜バタバタしていたせいもあり、本当に1日中寝ていた感じです。
 ところが、舌がまだ痛い❓ 昨日ほどではなくても、😥💥
 おろおろしている私の心は、また パニクりそうになっている。 いつも、いままでお世話になった先生仮にA 先生としておきますが、A先生のことも、忘れた訳ではなく、もちろんお世話になったこともあり、理由があって自分なりに納得して辞めた訳ですが、あちらに行けば、ここは簡単に調整してくれるかも、などと本当にむしのいいことを考えてしまう自分がいます。 そして、怖いことには 何か恐怖心になってしまうのです。
 歯の治療を始めて、どうしても治療中は痛みが伴うことが多いのですが、現実の痛みもさることながら、そこでなんとなくあれこれ考えてしまって、神経にきてしまうことがあります。痛みをより強く感じたり、神経がやられて他の体調にも影響を及ぼしたり。歯は、脳神経と近いので、とくに いろいろ神経に影響があるのでしょう。
 今の 仮にM先生としますが、あまり苦情を言うとM先生にも、匙を投げられるのではないか、とか M先生にこの症状が治せないのではないかとか、歯の不調以外にも、いろいろなことが、頭を駆けめぐります。😩🌀
 で、友人に電話しました。痛みを伴って冷静になれない時は、これが一番です。 歯医者さんと話しあえることは、すばらしいこと、治療は地道に行っていくしかないこと、そしてやっぱり 人生に苦はつきもので、苦からしか学べないんだよねー😃と言うところで、落ち着きました。私も友人も 真面目で 物事を 深刻にしてしまう傾向もあるので、いい加減さの大事さ 気楽に物事を処理する大事さも 確認しあって電話を切りました。😄   
 昨日M先生との話しにも、先生が講習を受けた際、 ある偉い先生が 皆さんの身体は皆さんより優秀です!その、身体の訴えをよく聞いて、治療を進めるようにしてください。っとおっしゃったそうです。  そうだ!私もしのこの考えず、身体の症状だけを、先生に訴えて、自分でも忍耐を意識して、少しでもよい方向に行くことだけを思えばいいんだ!❕❕と心を切り換えて、頑張ろう✨😅