読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

舌が、主役で肩こり解消

 先日、先生の学んだばかりの方法で、噛み合わせを調整してもらい、口の中の違和感はなくなったものの、なんか噛むことが 不自然というか苦痛。噛むってどういった感じだっけ?というような。 そして やたら左側の肩がガチガチに凝っている。
 そんな時は、舌でバランスと思って舌を前にだしたりしていたのです。ところが、肩のこりは治らない。😩  いろいろ思い、そうだ 確か下顎を右にずらせばいいのだったと 噛み合わせをやや 右にずらして噛んでみる。  と、いい感じ🎶。
 結局、舌だったのです。私の場合、口の中を全部作り直しているので、上の歯が、やや内側に張り出している。 そして、私の考えですが、噛む主役は舌だったのです。舌の奥を中心に舌をゆっくりと動かすことで、気持ちのいい咀嚼ができる。  私の口の中では、やや下顎を右にずらすことによって、舌が ローリングできる空間ができます。 そして、驚いたことには、何日も続いて、どうしようもなかった肩こりが、即 本当に今治りました。歯の高さは調整できても、この肩こりや首の痛さ苦しさは、やっぱり あの前に通っていたK教授方式のやり方でなくては、治らないのか? やっぱり、高い金額をとるだけあったのかな、と思っていたやさきだっので、すごく⤴⤴嬉しい🎵😍🎵。  
 後の課題は、歯の材料の固さかな。前のクリニックで作って貰った仮歯が、特別に硬い素材だったので、上の歯を受けきれず もうすり減ってきている感じ😵💦⤵。  精神的に、息子達の子ともあり、かなり 参っているので ここは 精神のサプリメント セントジョーンズワートを飲んで、しばらくぶりで、三部経も読ませていただこうっと✨😃✨。