人生の後半戦

先日 田舎に帰省したおり 以前 母の友人から ご香典を頂いていたので 御返しをお持ちした。 あいにく不在でいらしたが 夜ホテルから電話した。

そこで 聞いた 母の思い出話に 泣いた。
多分 気のおけない親友で 母は 自分の思いを 感じるままに 素直に話しをしたのだろう。

私は 3歳の頃 家の近くの川に落ちて流されたことがあります。

多分 冬で 叔母に作ってもらったお人形が嬉しくて 近所の人に見せに行ったのです。

その頃には珍しい 赤ちゃんほどもあるおおきなお人形で それをおんぶしたまま 小石につまずいてころころと 💦💦


気がつくと 私は流れの中にいて 目の上を水が流れ 不思議と 恐くはなく
流されそうになっているお人形をダメって
抱きしめ 後は記憶がなくなりました。

〇〇ちゃんという声に はっとすると 隣のおばさんが良かったねぇーって 私は布団の中にいました。

私を 流れから 助けてくれたのは 母でした。 ひたすら走って 下流の川に飛び込み私が流されてくるのを 待っていたそうです。

この話しは 何度も母からも聞いているし 私もハッキリと記憶にあります。

母の友人が言うには 遊びにいくたび 必ず母が この話しをするというのです。あの時
助かって 本当に良かったと。
時には 涙ぐんで。 多分 晩年のことでしょうが。

この話しで 今迄あった 母へのわだかまりが消えたのです。 どんなに いわれても 母と私の間の確執は強く それは 母を引き取って 一生懸命介護して 思い残すことなく母を看取った後も 私の 心にくすぶっていたものでした。


気がつかなかった そんなに 愛していてくれていたなんて。 気がつかなかった。

あの方 母の友人の言葉で 私も 天国の母も救われました。私が生まれてきても 良かったんだって感じです。

だから だからね 孤独なんか無いんです。
あんなに 多くの人達が 私を愛してくれていて、 今 歳をとった淋しさを言ってなんになろう。
人は それぞれ感情の行き違いはある 気まぐれでもある。
でも いいじゃない❗️
それにこだわって 暗い感情を持ってなんになるだろう。

矢吹先生と出会ったおかげで 親も哀れ子も哀れとまで言われた親子関係が 今 私を励ます迄になっている。

目には 見えない沢山の沢山のものが 弱い私を支えている。

ありがとうございます。体力がなく 疲れきって 毎日に追われている私が 心に持つべきものは これだけでいい。
ありがとうが言いたくなる 今の 過去の沢山の 人達に 心から 感謝です。