アイソトープ治療を受けてパート2

 アイソトープ治療を受けるにあたって、もうひとつ私を落ち込ませたもの、それは放射線ヨードによる周りの被爆です。 

何か自分がいけないものになったような気がして まあ、それも一週間位なのですがね。   只この一週間の家族の中での 気遣いだけでさえ 目に見えない放射線が怖くて そんな中で 福島県民の方々が受けた 受難について思わずにはいられませんでした。  自分が受けてるかも知れない恐怖、差別を受ける 屈辱。  大変な事だろうなぁ❗

治療のほうは、いたって簡単で、いつもの流れ作業のコンベアーに乗せられたごとくスムーズに進み 最後にカプセル💊を飲んだところで、病院でのやるべき事は終わりました。 

 これから、どうなるんだろうと 不安を抱えて でも段取りは 全て整えておいたので この日の夕飯も  私が作りました。

一番頼りになったのは、やはり スマホからのネット情報です。  でも でも 年もあるとは思うけど、 私の症状は辛かった。 病院のほうから ほとんど情報がなかったので  放射線ヨードを飲んだ後が辛いなんて 知らなかったし。四日めと5日目は 朝から 水も飲めないほど 吐いて 動悸は160ほどあるし 熱もある。  

これは救急車かと思いながらも、病院に電話で問い合わせ、薬を出して貰いたい旨をつたえ 何何の薬がいいですよというので、ふらふらして立つのもやっとな私は、子供に薬をとりにいかせようとしたら、それは出来ない 診察をしないと薬は出せないとのこと。

診察に 行けるくらいなら こんなに死ぬような苦しみ、我慢していないのに なんて矛盾何だろうと 融通の利かない病院の制度をつくづく恨みました。

10日経った今は、おかげさまで 仕事に行けるほどに回復しました。❕👍

多分、人によって 症状の違いはあると思いますが、  私からのアドバイスとしては、 治療の前に 吐き気どめと 心拍を楽にする薬を 出してもらっておくこと。  それと どんな場合でも 水分は必ずとらなければいけないので、 OS 1のような 経口補水液等を 用意しておいたら良いですよ😃。 吐き気がするときは、水を飲むのもつらいですから。

アイソトープ治療を受けることになりました

 実は、私は十代の頃 正確には15の年に 甲状腺機能亢進症の手術をしました。   
それが、三十代の頃再発して ずっーと薬で押さえていました。  それが、歯の治療で 半端ない状況に何度も追い込まれたせいか、三年ほど前から 症状が進んで 薬では押さえきれなくなり、それまで 日常生活のように薬を貰っていた近所の町医者から、 一挙に本格的な病気の治療へということで  その病気ではとても有名な、 表参道の伊東病院へ。 そこで、アイソトープ治療を勧められました。 自分でも 薬ではムリと思った時から この治療は意識していたので、はいと受けるしかありませんでした。
 でも、時は昨年の暮💦 忙しさに押されて、延ばし延ばしで 今 治療へ。  やっぱり 治療の恐さもありました。  でも、歯の治療も息子のことも落ち着いた今しかないと思った。❕👍  
 これしかないと思っても、気分は憂うつ⤵😥 なんせ、治療の前に薬を止めなくてはならないのです。  甲状腺機能亢進症の症状が出るの❔! イヤなんですけど💦😥⤵本当に。  それに加えて ヨード制限の食事。  これがまた、海藻を食べなきゃいいなどと 単純なものではなく 出汁が入っている全てのものは要注意!なのです。  鰹出汁とか、チキンブイヨンはいいというものの 昆布が入っているおそれのあるもの、だから お煎餅も 控えました。  あとお塩😨  これも あとになって日本製のはいいってわかったのですが、ネットで調べると 海の塩はだめとか書いてある。
普段使っている 塩コショーは駄目だし 多分お菓子に使っているのも、食べては駄目なメキシコ産。
 そして、私の必需品の栄養ドリンク、スポーツ飲料とくにアクエリアスが駄目、かんてんの含まれているものは駄目と、まさにカルチャーショック😱。   さらに、 時間外に看護婦さんに説明してもらったせいか いつも飲んでいる栄養剤とサプリメントも飲まないほうがいいですね‼と  歯の治療の半端な私が ひたすらすがっているアイテム全てを 剥ぎ取られたようで、気分は下がる⤵😥💦。  ああ、でもなんとか乗りこえなきゃ と、自分を励まして アイソトープ治療に臨んだのでした。

 社交ダンスをならい始めました。 グループレッスンなのですが、レッスンメイトは、80才のご婦人。  ご婦人と書いたのは、お婆ちゃんというイメージではないから。 偶然にも、おなじ薬剤師をしていらしたという彼女は、確かにお年は召しているのだけれど、なんか女性っぽい。  まだ ご一緒して 三度めだけど、なんか女性っぽいんですよねぇ。  気が着けば、グループレッスンを受けている女性は、みんなご年配で もちろん私も含めてですが、  先生は 若い。 とくに私の先生は清潔感溢れる スラッとしたイケメンで 優しい。 
 確か私が 若い頃は 先生がやたらタッチするセクハラっぽい先生だったけど、 今は 先生がおもっいっきりいじられている。 (/▽\)♪は🎶😁おもしろいですね、時代かな~。

精神安定剤に、勝った日👍

 介護疲れで 相当参っている友人をダンスの練習に 連れ出しました。  まず、驚いたのが 友人の憔悴しきった顔😨  ビックリしました。
 想えば、一月にご主人が癌の宣告をされて 手術して 彼女は家業を手伝いながら 毎日病院へ通っていたのです。 聞けば 夜も眠れず ごはんもやっと 流し込んでいると。   そして、最悪なのは、精神安定剤を飲み始めたこと。  飲むのなら、セントジョーンズワートのサプリか、せめて抑肝散とか漢方薬にしたら とのアドバイスも聞く耳なし‼ Y先生が、精神薬は飲んじゃいけないって言ってたのになぁ😥
 まあ いい。 今日も点滴をしてきたという彼女と とにかくダンス❕  今日は ルンバ。❕このクラスは、始めてだけど ルンバは昔習ったことがある。 でも、ウン十年も前だけど。 半年前まで ダンスに通っていた彼女は さすがに踊れるみたい。 ふらふらはしてるけど、ちゃんとステップを踏んでる。❕👍  彼女も思いだしてきたのか、ときどき笑顔が😄❗
 帰りに お茶をしようとレストランへ。 私は 食事のつもりはなかったのに、  食欲がないけど何をたべようかなぁと 食事をするらしい。 それなら、せっかく食べる気になったのだから 私も付き合って、ウニとイクラのパスタとやらを、二人とも ペロリ。 一口食べた時、 おいしいっ❕ の一言がでて、ほんとに一安心。  私も わかるんだ、ほんとに食欲がないときって ものを味わう歓び😋🍴💕なんて すっかり忘れてる。
 でも、人間だから、美味しいって思える感覚 絶体あるんだよ‼  そして、付き合ってはいけない感覚はね、不安😖💧という感覚。  もし こいつが出てきても、 ちょっと脇に置いておく。 そのうち 忘れちゃうからさ。   そんだけのヤツなんだよ 不安なんてヤツはさ。😃👍

シャルウイ ダンス❓

 社交ダンス 始めましたよ🎵。でも、当たり前だけど 踊れない。😥  難しいです、ステップ。  それも、同じコースに80才の方がいるというので、 こりゃ余裕だな さすがに私もついていけるだろうと 思って始めたのに 予想と違う80才😁  見た目も若いけど ずいぶん踊り慣れていて、ホールドに四苦八苦している私とは 違う。  まいりましたネェ。でもこんなことも有ろうかと、社交ダンスを始める前に 例のタロット占いに行ってきたのです。  二人に占ってもらったのですが、どちらも すごくいい結果でした。  
 最初の人は、ダンスを始めるということについて、最高にラッキーなカード世界がでて、 もうひとりのいつもお世話になっている方の占いは 占いの結果に 豊かと愛情をあらわす皇女エンプレスのカードが出ました。 でも、教皇のリバースカードもでて、最初は大変ですよ😥💦と言われました。   今 その大変の真っ只中‼    でも、ダンスを習う前の華やかなウキウキ感も、味わえたし、今 まだなにがなんだかんだよくわからないけど それなりにステップを踏んで  ダンスの練習が終わったあとの心地よい軽やかさも やっぱり やって良かったぁ~✨👍🎶と 思えるひととき。  また、人生に彩りと余裕が出来ました。
 そして、もうひとつ  嬉しくなることも。
 それは、癌になったご主人の看病で、 心も体も参っている友人を ダンスに誘えたこと❗  点滴を打って看病に通っても なかなかよくなる兆しのないご主人に 彼女の心が参ってた。でも、以前は、ダンスサークルに入っていた彼女!  きっと 今度のダンス体験で  心の軽やかさ 思い出すと 思うんですよ、私は。😃👍✨

私の成長

 最近、社交ダンスを始めてみようと思っています。  きっかけは、三男との喧嘩。 なんとなくナーバスになっている長男とも 最近トラブルが多く、 その影響で三男ともぶつかり きづついた心の傷口は更に拡がって  という感じですか。  
 トラブルが多いのは、私の性格にも起因しているでしょう。 良い意味でも 悪い意味でも。 子供たちも、似ているので ぶつかるんですね。 
 でも 疲れたなぁ つくづく。 Y先生が、結婚は 幸せになるためではなく 自分を知るためにっておっしゃっていた。  そういう意味では 大正解  それに、そもそも 正解も ゴールもない人生。  どう 解釈して どう行動を起こすかだけ❕  
 そんなわけで、どうにも力が抜けてしまった当初は、 昔よくお世話になった成田山新勝寺に行って 本当にゆっくりして心を癒してきました。
 60になった今だから 思うのです。 自分の心を苦しめて 生きていたくないと。  実際の出来事には さほど意味はなく それに因って苦しむわたしの心が あるのが問題!  頼りになる人 若しくは 頼りになると勘違いしている人がいれば 心って 安定を保てます。  でも 頼れるっていうことは  あり得ないと思っている今  そしていつかは 解決して楽になるだろと期待は出来なくなっている今 自分でなるべく心を楽にしなくては と思うのです。 たぶん  そのように 私が自分が ポジティブに生きる方向を模索しているうちに、 子供たちも 成長するのかな。

神参りの成果✨👍🎶

 三男を連れての神参り以外、何の予定もなく三人で 会津福島市に ドライブに出掛けました。 例のごとく忙しさに追われ、プランなど考える余裕もなかったのです。
 まず、新緑の美しさに目をうばわれました。 深い緑と 淡い緑が織り成すグラデーションは本当に美しい。 今の季節ならではでしょうねぇ。 桜の華やかな饗宴が終わったあとの  この生命力に満ち満ちた新緑の世界は、また 別の力を心に与えてくれます。
 二つの虚空蔵様には、いくつかの共通点がありました。  どちらも 入り口付近に杉林があり 深淵な感じです。  そして何よりわきを川が流れているのです。  この川が、両岸を深い緑に囲まれ少し蛇行して流れる様が、なんとも言えず神秘的な感じと やすらぎを与えてくれます。  そして 狛犬と 牛の石像があります。  私は、母のお礼と、三男の開運を願って 牛さんをナデナデしてきました。  
会津の虚空蔵様は、広い敷地に 広い川。  福島市の虚空蔵様は、細ながい山の切り崩したようなところで、やはり細目の川。  中洲があったり、岩があったり、川遊びにはもってこい❔!。 いいなぁ、こんなところで 小さいときのように 川遊びがしたいな🎵。  と あづまや風なところで、新緑に囲まれ川を眺めながら そよ風を感じてとても とてもゆったり出来ました。  
 あとは、いつものように お墓参りをして、九十をこした 私のことも忘れかけたY先生の奥さんをたづねて  施設の義母を訪問して 夫の実家に寄って帰って着ました。
 まあ、文字にするとこれだけなのですが、なにか深い旅でした。  Y先生の奥さんは、途中から私を思いだし、とても喜んでくれて、 赤ちゃんの時しか会っていない三男との再会も、本当に喜んでくれました。 義母は、今は息子の名前さえ出てきませんが、いつもおみやげに持っていくケーキを ぺろりとたいらげ、元気な様子を見せてくれます。これは、夫孝行のつもり。  普段は 疎遠な夫婦ですが、誰より親孝行ではあった夫の心を汲んで、そして、私にもよくしてくれた義母ですから 出来る限り、喜んでほしいのです。  三男も 悪い気はしないはず。  
 そして夫の実家へ。  これが 絵にかいたような田舎です。  一番ここで存在感のあった義母は、今はいないけど、 元気だった頃の思いでと共に、息子たちにとっては なつかしい場所。  実家の周りには、自然が少なくなった私にとっても 幼かった頃の 田んぼのあぜみちで遊んだ記憶が蘇ります。 今は、靴が汚れて歩きにくい 草だらけにしか見えない 田んぼのあぜみちも 昔は宝の山だった。   そんな思い出を息子に話して、昔は大嫌いだったカエルの 合唱に耳を傾ける。  義兄はたまたま、家を空けていたけど、代わりに猫たちが お出迎え。  田舎の猫たちはワイルドだ。何しに来たとばかり、ジロリ。  私は さっそく餌付けにかかる。  そんなこんなしているうちに、義兄のご帰宅。  昨年息子を亡くし、今年の一月に 奥さんにも逝かれてしまったお兄さんは、今までで 一番心からもてなしてくれた。  そんなに、意味のある会話でもなかったけれど、やっぱり ワイワイ話しているのはたのしい。 時間は かなり押してしまったのだけれど、少しは慰めになったよう。 良かった。 
 三男とは 会津五色沼で ボートの初乗りを楽しんだくらいで、そんなに遊びらしいこともなかったのだけれど  息子とこんなに田舎を楽しんだのは、彼らがまだ幼かった時以来。  私は それがうれしかった。  何だろう、この大きなものに包まれているような安心感と喜びは‼  会った人たちは、三人だけど 思い出と恩のある人ばかり。 その人たちに、心から喜んでもらえたせいだろうか?  もちろん それもあるけれど、今は亡き人たちとの大切な思い出のひとこまが、なつかしい風景と共に、息子に伝えながら 私の心に息づき出したせいかも しれません。 それとも、神参りの成果❔!
 そうそう 肝心の、神参りの効果は❓  まあ 本当の結果は来年でしょうが、丑年ではない私でさえ たくさんのエネルギーを いただきました。 これは、本当です。❕👍